セキュリティ

Security

写真: セキュリティシステム

機密文書を処理される場合に一番気がかりになるのは、処理施設のセキュリティではないでしょうか?
ジェーピー北海は皆様にご安心いただけるよう、万全の警備体制とセキュリティを持った設備を有しております。

万全の警備体制

施設内外は、24時間の完全警備体制です。ゲートや出入り口はセンサー類で厳しく監視され、関係会社の車両といえども出入りが厳しく検査されます。

施設外に対するセキュリティ

写真: 倉庫内壁

倉庫内壁

大切な書類をお預かりする保管庫は、厚さ25cm、地上3mのコンクリート壁で囲まれています。

写真: ナンバーロック

入り口

施設内倉庫への入り口はナンバーロック+ICカードキーにて施錠されております。入場履歴で入場者・入場時間も記録しております。

写真: 防犯システム

防犯システム

警備会社とダイレクトにつながっている防犯システムを採用。

施設内に対するセキュリティ

写真: 指紋認証システム

破砕処理室入口

作業現場となる破砕処理室の入口では、指紋認証システムを導入。入場履歴で入場者・入場時間も記録しております。

写真: 防犯カメラ

防犯カメラ

施設内には防犯カメラ9台を設置し、24時間体制で監視しています。

写真: モニター監視

モニター監視

防犯カメラ9台は、24時間体制でモニター監視を実施。録画された映像は24日間保管されます。

ISO27001取得

画像: nqa. ISO 27001 Infomation Security Management. UKAS Managiment Systems. 015

ジェーピー北海の機密文書の取扱いは、設備だけではありません。大切なお客様の機密を高品質と確かな安全でお守りいたします。当社は、機密情報取り扱いの国際統一規格ISO27001(情報セキュリィテイマネジメントシステム)を認証取得しております。

2006年6月 認証取得

ISMS基本方針

株式会社ジェーピー北海(以下JHRという)は、お客様から寄託された機密書類(情報資産) の回収、保管から機密処理までの業務並びに当社の情報資産を守ることを安全確実に行うことが責務と考え、以下の方針に基づき情報セキュリティ管理を確立します。

1 適用範囲

この方針は、JHRがお客様から保管及び破砕処理を寄託された全ての情報資産に適用しこれらの管理、運営にかかわる施設、設備を指します。

2 方針

  1. JHRは、情報セキュリティマネジメントシステム(以下[ISMS]という)を構築、実践することによってお客様との信頼関係を醸成し信頼に応えます。
  2. 情報資産一覧表を作成しそれに基づきリスク評価基準を設け、これにより情報資産の脅威、脆弱性を認識し、さらにセキュリティ上対策が必要な事項を抽出する。
  3. ISMSを推進するために適切な教育等を行います。
  4. 事業活動を行う中で知りえた機密事項や、お客様及び取引先から取得した機密情報関係者のプライバシー情報について、その保持ならびに漏洩防止、不正利用の排除のために従業員等(役員、契約、臨時社員含む)と契約を結び徹底を図り、役員においても遵守するよう徹底します。
  5. 以上の活動において継続的に影響を及ぼす変化が生じた場合には見直し改善に努めます。

3 推進体制と責任

この方針に基づく、セキュリティ基準、セキュリティ要求事項の審議及び対策、評価を行うためにISMS推進委員会を設け管理責任者を設置します。ISMSを円滑に運用するため、ISMS推進委員会によって準備文書化されたISMSマニュアル・適用宣言書に基づき、各部門で洗い出された情報資産のリスクアセスメント、管理策、リスク対応計画を策定します。また各種の実施・評価を行いISMSの継続的改善に努めます。

4 監査

内部監査委員は、情報セキュリティ基本方針・ISMSマニュアル・リスク対応計画の各種実施状況を部門ごとに定期的に検証します。

5 従業員等の義務

JHR従業員等は、情報セキュリティ基本方針を遵守し、ISMSの維持、向上に努め、また、ISMSに関連する法令、条例、その他の社会的規範を遵守します。これらの規定に反する行為を行った場合、就業規則に従い懲戒手続きの対象になります。

2019年4月1日
株式会社ジェーピー北海
代表取締役社長
北山 俊彦